のぼりについてどんな規定があるの?

by ,

のぼりはお店の外に立てられている、看板代わりのようなものです。

外に立てかけられてあるだけなのに、宣伝効果や集客効果があるので多くのお店が利用しています。

のぼりを立てるにあたり、何か決まりはあるのでしょうか。

【のぼり設置のルール】

のぼりは屋外広告物として扱われます。

看板や張り紙、ネオンなども屋外広告物となっています。

これらを規制する法律が、屋外広告物法というものになります。

のぼりを設置する際は、市町村などの自治体の許可が必要です。

勝手に多くののぼりを並べたりするのはダメで、当然ですが街路樹やガードレールに括り付けたりするのもいけません。

【のぼりの形や大きさの決まりは?】

最近はユニークな形ののぼりが増えてきました。

また大きなのぼりが揚げられているところもありますが、形や大きさの決まりはどうなのでしょう。

大きさや形については厳しい決まりはないようです。

通常ののぼりの大きさの範囲でいろんな形を作るのは問題ないでしょう。

【決まりを守ってのぼりを生かそう】

のぼりに書かれている内容については、でたらめを書かないことが条件です。

集客したいために世界初の〇〇だとか、日本一の〇〇だというような事実ではないことを書くのは規制対象となる可能性があるので注意してください。

許可なくたくさんののぼりを並べ、それが倒れたために周辺住民に迷惑をかけたのでは、お店のイメージダウンにもつながります。

決まりをきちんと守って立てられたのぼりは、きっといい効果をもたらしてくれることでしょう。